水分を摂らないことは悪いことばかりではない

今となってはなぜ病名を伏せているのかも分からなくなってきましたが、母が患っている病気は次第に身体を蝕んでいく為、身体が痛くなるそうです。
その痛みが増してくると抑える薬も「より強いもの」に変える必要があるのですが、「より強いもの」に変えると意思の疎通が今よりも困難になる不安があります。ただ、苦しい思いをするよりは良いのかもしれません。

昨日、「より強いもの」に変わる可能性があったのですが、診断の結果、今の薬を継続することになり少し安心しました。
ただ、明らかに食欲が減ってきていることが気になります。

食欲が減り、水分も摂れなくなる。そんなフェーズに入って来てしまったのかもしれません。

先日、先生に伺った話では身体に水分が溜まってしまっているそうなので、水分の摂取自体、身体に負担が掛かる状態のようです。その為、点滴もしておりません。ただ、水分を摂らない状態、脱水というのは”無”に近づくそうで決して悪い状態ではないそうです。最期を迎えるにあたっては。

「少しでも長く」とは思っていますが、苦しまないでさえくれれば…今はそう願っています。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする