今後の選択

今日は母が緩和ケア病棟を出て老人ホームへ移るので仕事はお休み。

移った老人ホームは「状態が末期」の方に特化した施設なのですが、そこでお医者様から「10日単位で」との話がありました。
確かに目に見えて元気は無くなってきてはいましたが、「10日単位」とは思っていませんでした。
この先の方針を決めなくてはイケナイので正直に話してくれたのでしょうが、ショックです。

その方針というのは主に、

容態が急変した際、病院へ搬送する → 少しでも長く
痛みを和らげることに専念し、施設に残る → 苦しんでいる時間を短く

という点。

病院へ搬送してもここまで来ると回復は見込めないことは理解しているつもりなのですが、私以外の家族はあっさりと「施設に残る」を選択したことに少々疑問を感じました。この選択があたかも母を代弁しているかのように。

恐らく、その選択が正しいのではないかと私も感じてはいるのですが、私の目を見てその選択の正当性を主張しなかったことに腹が立ってしまいました。まったくこちらを見ようともしない。

私が小さいんでしょうね。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする