FDR-AX700を少し使ってみました

最終更新日

Comments: 0

帰宅前、FDR-AX700用に注文した三脚 「VCT-VPR1」の納品が12/22~12/26予定との残念なメールが来ていました。

近い内に動物園で撮影をしてみたいので、もう少し早く届けてくれそうなネットショップで探したところ在庫ありのサイトがあったので注文…しようとしたのですが、最近使っていなかったお店だったのでパスワードを忘れてしまいました。

仕方がないのでパスワードのリセット手続き。ただ、残念ながらパスワード再設定のメールが飛んで来ないのでリセットできず。
「最近使っていなかったから新規に登録してもいいか」と諦め掛けていたのですが、ちょっと元々注文したお店のサイトを覗いたところ「明日中にお届けします」との表示が…これは一体。

なぜこういうことになっているのかよく分かりませんが、注文履歴からVCT-VPR1をキャンセル。そして改めてVCT-VPR1を注文。明日、届くようです。
まあ、手に入りさえすれば良いんですけどね。

帰宅しFDR-AX700を開封。そしてサイズ確認。
まだカメラバッグが決まっていないので、早めに何とかしなくては。

公式サイトに掲載されている最大サイズ121x104x274.5(mm)が入るバッグを考えていたのですが、液晶モニタで見ながら撮影する予定なので大型アイカップはとりあえず未装着。この状態で測ると140x90x240(mm)くらいだったので、このサイズが入るものを探すことにしました。幅は手を入れる部分がある為、公式サイトよりも広いですね。測ってよかったです。
カメラバッグを探していて一番ネックだった奥行も240mm程度なので、これなら見つかるかもしれません。

サイズも測り終え、いよいよ触るぞ!と行きたいことではありますが、明日は休みではないので保護フィルター、メモリーカードの装着と試し撮り程度で我慢。

まずは4Kでの撮影。
4Kで撮りたかったわけではなく、デフォルトが4Kだっただけですね。
撮影した結果をテレビでは確認していないのですが、カメラ本体の液晶モニタで見る限り大丈夫そう。スムーズに再生されていました。
プロキシはデフォルトではオフになっていたので、オリジナルを再生していると信じます。レキサーのSDカード、大丈夫そうです。いつの間にか以前のレキサーとは違う会社が作っているとは知りませんでした。ちなみにオートで撮影。

続いて960fps。
エンドトリガーで撮ってみましたがこちらも問題なさそう。
暗かったのでアイリスとゲインを手動で確認し、マニュアルで撮影。
動く被写体が無かったので自分が動いてみました。

ついでに写真。
PCのモニタでは確認していませんが、カメラ本体の液晶モニタで見る限りは普通に撮れている気がします。写真機能を使うかは分かりませんが、ズームレンズの代わりになればラッキーですね。

最後に手振れ補正。
「スタンダード」を使った後、「アクティブ」を試してみましたが、「おぉ」と感動。もしかしたら三脚いらなかったかな。
今のところ手持ちでは「アクティブ」、三脚を使う時は「切」ですかね。

記録時間。
512GBが安かったので買ってみましたが、1080pで1258分も記録できるようです。大きすぎる気もしますが、小さいよりは良いかなと。

「YouTube用に」と思って買いましたが、休日が楽しくなるメカですね。
その内、撮影したものをブルーレイに焼いたりしちゃうかもしれません。

今日の写真は8年ほど前の秋に行った富士サファリパークでの写真です。

カピバラ 富士サファリパーク

ビデオカメラを持って動物園に通うことになりそうな気がします。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする