深夜に閉まるコンビニが増えたらっていたら

最終更新日

Comments: 0

急遽、土曜日は仕事になってしまったので、明日昇仙峡へ行ってみようか考え中。週末よりは空いていそうですが、行くかどうかは朝起きてから決めることにしようかと。

今朝の新聞に「ドラッグストア5社の業績が好調」と出ていたので、ドラッグストア関連で唯一持っている「クリエイトSDホールディングスの株価はどうなるのかな?」とチラチラ期待して見ていたのですが、全体的に少し株価が下がったこともあり少し下がりました。クリエイトSDホールディングスはちょっと前に上がっていたので特に好材料ではなかったようです。残念。

株が続きますが少しだけ持っている「イーソル」「メドピア」の株価がガッと上がり楽しかったです。持っているだけで「いくらになったら売ろう」というわけではないので、純粋に数字が上がることを楽しんでいました。明日はきっと下がっちゃうんでしょうね。思いっきり下がったら見るのも嫌になるんでしょうが、しばらくは楽しめそうです。手持ちで元気が無いのは楽天だけになってしまいました。携帯事業に引っ張られているんでしょうかね。

今日のニュースで出ていた「ファミリーマートが時短営業を導入する」というところから、ちょっと妄想。

1.コンビニ業界からドライバー流出
コンビニは割と近い範囲に複数の店舗を置き、配送の効率化を図っていますが、担当地域に「開いているお店」と「開いていないお店」があるとドライバーさんが一日に回る店舗が減ることになるのではないかと考えました。
回る店舗が減った結果、収入が減り、より稼げそうな宅配便等、別業界へドライバーさんが流出してしまうのではないかと。

ドライバー不足に陥ったことでお弁当等の配送回数が減り、日持ちのするチルドのお弁当、冷凍食品が増え、結果としてファミリーレストラン等の利用が増えるのかなぁ。

2.営業時間は短くなるがコンビニのオーナーさんの労働時間が増える
利益率の高いお弁当の売り上げが減った結果、雇えるバイトの人数が減り、コンビニのオーナーさんが自ら店頭に立つことが増え、結果として勤務時間が長くなるのではないかと。これは本末転倒というか悪循環ですね。

結果として廃業が増え、世の中からコンビニの数が減ることになるのかなぁ。

3.深夜の明かりが減り、犯罪が増える
深夜帯に売り上げが少ない店舗を閉めた結果、夜間の「何かあった際に逃げ込む場所」が減り、犯罪が増えるかも。

犯罪が増える、または夜間の恐怖が増すことで警備業者、設備に頼る人が増えるんじゃないかなぁ。

4.夜に出歩く人が減った結果、動画サービス利用者が増える
夜、「ちょっとコンビニへ」という機会が減り、夜間の自宅の滞在時間が増えるかも。

「外に出ず楽しめること」という欲求を満たす為、動画配信サービスの利用が増えるのかもなか。

コンビニが24時間営業を止めることで「外食産業」「警備関連」「動画配信サービス」が儲かる気がしてきましたので株を購入したいところですが、現在余力がない為、妄想だけ。コンビニが24時間営業を減らすことでいろいろなところに影響がでそうですね。なくてはならない存在です。

今週、ベイスターズ関連で2つの嬉しいニュースがありました。

高城捕手が戻ってくることと、田中健二朗投手が残れたこと。お二方とも一軍の試合で観れることを楽しみにしています。

事前に案内が出ていたRX10m4の動物瞳AF対応のファームがリリースされましたね。RX10m4の値段を久しぶりに見たのですが20万超え…ちょっと前はもう少し安かった気がしますが気のせいでしょうか。

今日の写真も引き続き、1年前の早朝に徘徊していた横浜駅周辺。

1年前の横浜駅周辺 早朝

筒香選手はメジャーに行ってしまいそうなので寂しいです。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする