シーリングにコンセント増設、終末の我儘

最終更新日

Comments: 0

昨日の夜、ウォシュレットの取り付けました。

ずっと欲しいと思っていたのですが、工事とかを面倒に感じていたのでノビノビに。先週末、施工説明書を見てみたところ「自分でもできそうだな」と思い取り付けることを決意。

業者に付けてもらうのでも良いのですが、「欲しい」と思った時に直ぐ欲しい性格です。待てない。購入から設置までに何日か時間が掛かってしまうと、その間、気になって仕方がないです。手元に物が来るまで落ち着きませんね。

ウォシュレットのメーカーとしてはパナソニックが良さそうなのですが、以下の点から東芝「SCS-SW301」という機種にしました。

・瞬間式
・便器内の少し濡らすプレケアミスト
・着脱式ノズル
・便座の横のスイッチで操作可能
・暖房便座

我が家は古く、トイレ内にコンセントがないので「コンセントは外に繋ぐか」と思っていたのですが、シーリングにコンセントを増設するアダプタという物が存在することを知り、早速購入、そしてさっき取り付けました。

<引掛シーリング 増改アダプタ1型/P>
https://www2.panasonic.biz/scvb/a2A/opnItemDetail?use_obligation=esctlg&item_cd=WG4481PK&item_no=WG4481PK&catalog_view_flg=1&contents_view_flg=1&close_flg=1&b_cd=301&hinban_kbn=1&s_hinban_key=WG4481PK&vcata_flg=1

ケーブルは壁際を這わせ、これでスッキリしたのですが一つ問題が。
「トイレの電気を点けないとウォシュレットに通電しない」ということが判明。
よくよく考えると「それはそうか」と納得なのですが、ちょっと不便かな。

幸いなことに瞬間式なので常に通電していて欲しい理由としては「暖房便座」。
入る少し前にトイレの電気を点けるか、人感センサーのソケットを付けて電気をオンにするか迷いどころですね。取り付けも簡単そうなので必要だったら付けようかなと。ある意味エコモードですし。

今日は「余命が短いと自身で感じた時、我儘になれるのか?」ということを考えていました。
相手に「迷惑を掛けたくない」と思ってしまい、本当はしたいことを諦めてしまうのではないかと。

周りの人間からしたら我儘を言って欲しいとは思うのですが、現実問題として叶えてあげられないこともあり、それを自覚してしまった時点で「言ったら迷惑を掛けてしまう」と言うことを躊躇してしまう気がします。
相手のことを思って聞いていることで相手に気を遣わせてしまっているのは不本意ですね。難しい。

今日の写真は昨年秋に行った「払沢の滝」。「ほっさわ」と読むようです。

払沢の滝 檜原村

寒くなる前に今年もフラフラしに行きたいですね。

<払沢の滝 檜原村>
https://www.vill.hinohara.tokyo.jp/0000000023.html

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする