塩?煮干し?ラーメン

最終更新日

Comments: 0

今となっては短い期間でしたが今年の3月から6月に掛けてラーメンブームでした。それまで何となくとんこつ醤油ばかり食べていたのですが「美味しいけど、どこで食べてもあまり変わらない気がする」と感じたことをキッカケに別の味を試してみることにしました。

醤油、味噌、塩…「そういえば塩ってあまり選ぶことないなぁ」とあえてターゲットは塩に。当時、相鉄線 二俣川駅付近の「こども自然公園」にいたので近くの「屯てい」で塩ラーメンを注文。

塩ラーメン 屯てい

当時の私のメモによると…
 「麺は少し柔らかめだったが、スープ、チャーシューはかなり良かった。
  次は醤油と小盛チャーハンかな」
とのこと。

「何がどうこう」とかはラーメン通ではないので表現できませんが、スープを全部飲み干すくらいヒットでした。その後、行ってはいませんが「こども自然公園。で紅葉でも見に行ったついでに寄ってみようかと。

「塩いいじゃん」となったところで「煮干しも食べた記憶がないな」と思い、以前「 こにし 煮干し塩ラーメン 」で書いた「煮干し塩ラーメン」へ。

「こにし」で煮干しが気に入り、「他の煮干しラーメンも行ってみるか」と次に行ったのが「ある塩ラーメン屋」さん。

トッピングが全部乗った塩ラーメン

注文したのは「トッピングが全部乗った」もの。淡麗系というんでしょうか「こにし」とは違い透き通ったスープに赤さの残ったチャーシュー。

当時、行く前から気付いてはいたのですが「ドロッ」としたラーメンを求めていた私には上品すぎました。今行くと違う気もしますがメモには…

 「淡麗系が違うのか、こにし、屯ていが求めていたものに近かったのか」

とのこと。お店がどうこうではなく完全に自分のせいですね。すみません。

この時期、「ラーメン、ラーメン」「煮干し、煮干し」と一番危ない状況だったと思います。「しおらーめん進化」に行った次の日の朝「一蘭」へ行き、夜には「麺や 幸村」で「焼き煮干しラーメン」と食べました。

焼き煮干し 麺や幸村

「麺や 幸村」は魚介豚骨がメインのお店っぽかったのですが、「焼き煮干しラーメン」を注文。良い感じのドロドロ具合です。メモには…

 「スープはドロドロだけど濃くはなく、チャーシューもおいしくて正解。
  次は普通に魚介豚骨」

とのこと…まだ魚介豚骨は食べに行っていません。

写真を見ていたらラーメンを食べに行きたくなりましたが、気持ち的には麺半分、トッピング2倍が良いですね。そういう身体になってしまったということか。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする