YouTube用の動画を作ろう①(失敗)

最終更新日

Comments: 0

ようやくiPhoneでYouTube用の動画撮影を実施。今回の撮影は2パターン。

■撮影1
熱を発するある物を撮影しようとしてのですが、iPhoneを近づけると壊れそうだった為、少し離れての撮影に挑戦。
アタッチメントに嵌め込んだところでiPhoneから警告音が…画面には「緊急SOS」との表示。再度ボタンと音量調整ボタンを同時に押すと「緊急SOS」画面が表示されるようです。知らなかった。

光量不足かデジタルズームで寄ったからかシャープな画にはならなず断念。他に良い方法があるのかもしれませんが経験不足ですね。音はバッチリとれてました。

■撮影2
寄った画を撮ろうとカメラ用の三脚ではなくLEDライトに付いてきたおまけの三脚に変更。テーブルが滑る為、養生テープで汚く固定。
照明の位置も適当だったり背景の板も適当なのですが、やはりシャープな画にならず、板に照明が反射したりとまたしても失敗。なかなか難しいですね。とりあぜうこちらも断念。

サウンドボックスの先には録音用にノートPC、
LEDライトにはモバイルバッテリで給電 しています

今回の失敗…

①画がシャープに撮れなかった
ある程度距離を取って光学ズームが寄れるカメラが欲しいです。Sony FDR-AX700にするかDSC-RX100M7、DSC-10M4にするか。気軽に録るならRX100、ホンキっぽいFDR-AX700、間を取ってRX10か。どれも試しに買えるような値段ではないので、10月末くらいまで悩むことにします。調べれば調べるほど4K60pで撮れないから…との記載を見ると「少し待ってみるか、秋モデルが出るかもしれないし」と思っちゃうんですよね。そもそも4Kで撮る予定もないのですが…

②背景が反射してしまう
反射する工作用ボードを使ったので暗幕のような布の方が良かったですね。暗幕をどう立てるか。何とかなるかなと。

③暗い
リビングで撮影したのですが光量が不足している気がします。撮影対象を白い布で覆うか風呂場で撮影するか。いっそのこと外での撮影するのもありかなと。狙ったものではなくて「おっ」と思ったものを撮影してアップ。それも良いですね。

iPhoneを持って外で試そうかなとも思っていますが、本格的にはカメラが決まり次第ですね。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする