iPhoneで撮影したスロー動画をWindowsでもスローで見たい

最終更新日

Comments: 0

YouTubeに動画をアップしようと目論んでいたりします。スローモーションも使いたいのでiPhoneで1080p/240fpsで撮影しようと思っているのですが、撮影したファイルをWindows PCで見ると通常速度でされてしまい困っておりました。

Macであれば色々楽そうなのですが、私の持っている最新のMacはCore 2 Duoの通称ホワイトポリカ。1080pの再生すら苦しい状況。

我が家のメインPCはWindows 10、Premiere Elements 13 、AMD Ryzen 5 2600 という環境。新しいMacは買わず、こちらで何とかしたいです。
何とかするにはWindows PCにスローモーションのまま持っていくしかなさそうです。

■試したこと
 ・iPhoneからそのままコピーしたら?
  → 通常速度で再生(失敗)

 ・コピーしたファイルをPremiereでインポートしたら?
  → インポートエラー(失敗)

 ・フォーマット変換を掛ければPremiereでインポートできる?
  → インポートはできたが通常速度で再生(失敗)

 ・変換したファイルをPremiereで25%スローにすれば実は滑らか?
  → コマ送りのような状態に。思ったのと違う(失敗)

いろいろ試したのですが、どれも失敗。

少し調べたところ「iCloud経由で…」「iMovieで…」というブログを見かけたのでiCloudで試そうかと思ったのですが、動画をiCloudに持って行くことに抵抗があった為、iPhoneからiPadへAirDropでファイルコピー。
iPadのiMovieで書き出し、そのファイルをWindows PCにコピーしたところ無事成功。しかも書き出したものであれば、そのままPremiereにインポートできました。

ふと思ったのは「iPhoneのiMovieで書き出せが良いだけの話では…意外と簡単でした。iPhoneのスローモーションの動画をスローのままWindowsへ持って行くのは。

■iPhoneのスロー動画をスローを維持しながらWindows PCへ
 1.iPhoneで撮影
 2.iPhoneの「写真」でスロータイミングを調整
 3.iMovieで書き出し
 4.iPhoneをWindows PCに繋ぎ、書き出したファイルをコピー

更に都合が良いことに元のスロー動画をそのままWindows PCで見ると等倍で再生される為、YouTubeの最低尺より長い動画を作るのに便利ですね。33秒は結構長いです。

ちなみにYouTubeにアップする為、三脚にiPhoneを固定するアタッチメント、工作用の白と黒のボード、ステレオマイクを買ってみました。音の収録は最近使っていなかったCREATIVE USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2にオーディオテクニカ AT9910を挿してノートPCで録音しようかと。

CREATIVE USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2

ついでに安いUSB照明も購入してみたのですが、LEDでスロー撮影するとフリッカーが気になるので撮影は自然光か白熱球で試す予定。今週末は素材を揃えて来週末にYouTubeへアップ出来たら良いですね。

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする