アバルト500とApple Music

最終更新日

Comments: 0

※旧ブログからの転載です。(2015.07.03)

車内では常に何かしらの曲を流しているのですが、アバルト500の標準オーディオにはそんなステキなものは装備されていないのでMP3をCDに焼いて聴いています。

今週始まったApple Musicを早速試してみたところ、邦楽が少ないとの事前情報はありましたがテレビ等で「いいなぁ」と思った曲のミュージシャンの他の曲を聴いてみたり、ヴィジュアル系バンドの名前を適当に検索して聴いてみたりしている私にはちょうど良いサービスではないかと。

せっかく便利なApple MusicですがCDには焼くことができない為、FMトランスミッターを買ってみました。

接続はシガーソケットに挿してiPhoneと接続するだけなので簡単です。
実は最初に購入したのはiPhone5sと接続する為のライトニング仕様でしたが、以前使っていたiPhone4sを音楽専用にしようかと旧コネクタの物も購入。どちらも2000円弱かな。

バッファローのライトニング + iPhone5s:
切り替えできるチャンネルは4ch、駅前を走っている時以外は比較的安定していた気がします。
駅前とかで混信している時はどのチャンネルに切り替えても聴くことができませんでした。
音質は軽いかな?FMトランスミッターはこういうものなんでしょうか。

ロジテックの旧コネクタ + iPhone4s:
こちらのチャンネル切り替えは6ch、こちらは駐車場でしかまだ聴いていないので混信は分かりませんが、駐車場で聴く限りはバッファローよりもクリア、バスブーストのおかげで音質もこちらの方が好みですね。
明日走ってみた感想はあらためて。

ちなみのiPhone4sは電話回線が生きているわけでもiPhone5sのテザリングを使っているわけでもなく、家の中で無線LAN接続。プレイリストの作成もiPhoneで行うのは面倒なので「iTunesでプレイリスト作成」→「iCloudでiPhone4s/5sにプレイリスト反映」→「iPhoneでプレイリストを選択してオフラインで再生を選択」するとネットに常時繋がっていない環境でも曲が聴けるのでご興味がある方はお試しを。

先日もスカパーのF1でダイジェストのBGMで使われていたアマランスの曲が良かったのでApple Storeで買ったのは早まったかな~
まあ、こっちはCDに焼けるから良いけど・・・

altivec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする